クラウド会計の可能性、オープンイノベーションのインフラは『帝国』の手に?

euro-1144835__340

今回は、オープンイノベーション市場の『帝国』を紹介します。

前回の記事、CREWWとリンカーズ、オープンイノベーション市場のインフラ構築への続編です。
税理士としては、中小企業が直接関係する話なので、無視できない話だと思っています。

 

4/5に、クラウド会計「マネーフォワード」のプレスリリースが発表されました↓

以前、クラウド会計の進化を一番恐れているのは税理士ではないという記事でこのプレスリリースと同じような内容を書きましたが、税理士・会計事務所業界・金融業界などに近しい人で、クラウド会計の仕組みを知っている人なら想定できる話なので偶然ではないです。想定できない不確実性のブラックスワンではないです。

ABOUTこの記事をかいた人


34歳、千葉県生まれ。大学卒業後、税理士法人・財務コンサルティング会社などで10年間勤務の後、独立。現在は中小企業の税務顧問などをしながら、創業100年企業の財務戦略を支援したりと税理士業以外での活動フィールドを拡大中。高城剛は天才だと思う。好きな言葉:一寸先は光。
⇒詳しいプロフィールはこちら