「CREWW」と「リンカーズ」、オープンイノベーション市場のインフラ構築へ

手をつなぐ

今回は『CREWW』と『リンカーズ』という会社のサービスを簡単に説明します。

2社の共通点は2つあります。

1つはオープンイノベーションです。
もう1つの共通点は、次の記事、オープンイノベーションのインフラは『帝国』の手に?で説明します。

次の記事では、『オープンイノベーション市場の登場人物』について、中小企業を良く知る税理士の目線から書いてみます。もちろん2社のプラットフォームはすごいんですが、まだ役者が足りないんです。

◆オープンイノベーション

オープンイノベーションとは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家などが持つ技術やアイデア、サービスなどを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや革新的な研究成果、製品開発、サービス開発につなげるイノベーションの方法

Wikipediaより

一言でいうと、技術・アイデア・サービスでのBtoBコラボ、マッチングですね。

それでは、まずはCREWWから

CREWWのオープンイノベーションプラットフォームとは?

CREWW
Creww

CREWWサービス案内

【創業】2012年創業
【資本金】4.6億
【株主情報】経営陣、IncubateFund、日本テレビ放送網株式会社、オリックス株式会社、EastVenturesほか

スタートアップ企業を助けたいという社長の思いからスタート。

スタートアップ企業のフォローというサービスの中から、
『大手企業のリソース(ヒト・モノ・カネ)を活用してスタートアップ企業の成長を加速させ、大手企業側も新規領域の拡大ができる』
というオープンイノベーションのプラットフォームが生まれる。

技術・アイデア・サービスでのコラボ、というオープンイノベーションの領域の中でも、CREWWは特にアイデア・サービス領域でのオープンイノベーションの場を提供している。

次にリンカーズの説明です。

Linkersのオープンイノベーションプラットフォームとは?

Linkers
Linkers

Linkersサービスイメージ

【創業】2012年創業
【資本金】2.5億
【主要株主】社長、ジャフコ、DBJキャピタル

上の画像を見れば、思いやサービスはわかりますね。

Linkersは、技術・アイデア・サービスというオープンイノベーションの領域の中でも、特に技術(ものづくり)に特化した『ものづくり系マッチングプラットフォーム』を提供しています。

具体的にイメージするなら、少し前にTVドラマになった『下町ロケット』のロケット部品(超高性能バルブ)の開発を、Linkersのサービスを利用してマッチングするイメージです。

まとめ

オープンイノベーションのプラットフォームを提供するCREWWとLinkersの2社は、偶然にもそれぞれ2012年に創業しているんです。

オープンイノベーションは、アイデア領域においては、特にスタートアップ企業のアイデアと大手企業のリソースをマッチングさせ、技術領域においては、しっかりした技術をもつ中小・中堅企業と大手企業の開発をマッチングさせるイメージがありますね。

次の記事では、『オープンイノベーションのインフラを構築する上での他の登場人物』を、中小企業を良く知る税理士の目線から書いてみます、これが本題です。

ABOUTこの記事をかいた人


34歳、千葉県生まれ。大学卒業後、税理士法人・財務コンサルティング会社などで10年間勤務の後、独立。現在は中小企業の税務顧問などをしながら、創業100年企業の財務戦略を支援したりと税理士業以外での活動フィールドを拡大中。高城剛は天才だと思う。好きな言葉:一寸先は光。
⇒詳しいプロフィールはこちら